カンジダ性亀頭包皮炎とは

カンジダ性亀頭包皮炎とは、カンジダ菌によって亀頭、包皮におこる炎症のことを言います。亀頭包皮炎という呼び名は厳密には亀頭炎と包皮炎を合わせたものになります。

 

亀頭炎だけ、包皮炎だけというのは珍しいケースで大体は双方に炎症を起こしています。カンジダによって起こる亀頭包皮炎は症状が軽い場合が多く、市販の薬で治療が可能です。

 

カンジダ菌は誰でも持っている常在菌で、普段は炎症を起こしません。また性行為とは関係なく発症することが多いですが、自覚症状がなく、自然治癒するケースもあります。