カンジダ性亀頭包皮炎の原因

カンジダ菌(真菌)というカビによって引き起こされます。これは皮膚や口の中に誰でも持っている菌で、通常は炎症を起こすようなことはありません。

 

女性との性的接触によりうつる場合もありますが、入浴などで体を清潔に保っていれば、感染する確率はかなり低いです。

 

他者との性的接触以外にも、マスターベーションを激しく行った場合も発症しえます。激しくマスターベーションを行うと亀頭や包皮に小さな傷がができ、そこから菌が入ることがあるからです。

 

発症者の割合でみると圧倒的に包茎の方に起こることが多いです。理由は単純で、包皮内を清潔に保つことが難しいからです。包皮中にある菌やたまった垢が原因で炎症を起こします。度々発症するような場合は、包茎手術も解決策となります。包茎でない方はカンジダ性亀頭包皮炎を引き起こすことはほぼありません。

 

糖尿病の方も細菌が増殖しやすいため、発症しやすくなっています。