亀頭包皮炎の合併症

亀頭包皮炎が原因の合併症の可能性を減らす最善の方法はすぐに治療を行うことです。亀頭包皮炎由来の可能性のある合併症は次のとおりです。

• ペニスの開口部に傷

• 痛みを伴う包皮翻

• 陰茎への血液の供給不足

• 皮膚炎 (アレルギー性皮膚反応)

極端なかゆみなどのアレルギー性皮膚炎の症状、発疹、蕁麻疹や炎症を起こした皮膚は瘢痕化を引き起こす可能性があります。またペニスの開口部の瘢痕組織は開口部を狭める可能性があります。これにより永続的な不快感と排尿困難につながる可能性もあります。
包皮が陰茎に被ったままの男性がいます。これは包茎と呼ばれます。包茎は急性亀頭包皮炎の合併症ではありませんが、長期的 (慢性的な) 亀頭炎の合併症です。