亀頭包皮炎の定義

亀頭炎は陰茎亀頭の炎症で、包皮炎は包皮の炎症です。両方に炎症が見られるのが亀頭包皮炎となります。亀頭炎は通常、割礼を受けていなければ包皮炎につながります。

kitou1

さまざまな原因と要因

亀頭炎はおそらく乏しい衛生状態と通気状態のため、包茎の男性の間でより一般的です。既存症などの疾患がある男性はより深刻な症状になる可能性があります。発熱と好中球減少症の男性で、また菌血症の原因として糖尿病 の大半の患者で特に深刻な症状が報告されています。 321人のカンジダ性亀頭包皮炎の患者のうち 大半の185人に伝染する原因があり、軽度の疾病にかかっている場合の多くに亀頭の炎症が見られました。この炎症は免疫不全ウイルス (HIV) 感染ルートになる可能性があります。

以下のような症状があれば、亀頭包皮炎にかかる可能性は高くなります。

  • 糖尿病
  • 包茎

包茎は適切な衛生状態を妨げるため亀頭包皮炎にかかりやすくなります。また、包皮下の分泌物は、炎症の結果、嫌気性細菌に感染することがあります。

慢性亀頭包皮炎は、以下のリスクを増加させます。

  • 包茎
  • 嵌頓包茎(かんとんほうけい)
  • かんとん包茎

 

菌感染症

これは、最も一般的に考慮されるカンジダ性亀頭包皮炎、亀頭包皮炎の原因です。、通常カンジダ ・ アルビカンス、カンジダ種の感染によるものです。陰茎の酵母の保有率は割礼の有無にかかわらずほぼ共通して 14-18 %で、差が見られません。症候性感染症は、割礼を受けていない男性においてより一般的です。大量に酵母を保有する男性の女性パートナーの診断でははカンジダ感染が見られました。した。顕微鏡の感度は、サンプリング メソッドによって異なります。粘着テープ法は塗布法より正確であることが証明されています。性的接触なしで、通常それが示している糖尿病の徴候が認められる場合、または、経口抗生物質の使用の後感染する恐れがあります。

 

粃糠疹癜風(ひこうしんでんぷう)

ひこうしんでんぷう

この症状イースト菌風菌によって引き起こされ、イングランドでは全ての皮膚病の0.5-1 の割合で、熱帯地域では50%にも上る。生殖器に見られるのはまれで、光沢を帯び、皮膚がうろこ状になる。この症状は局所抗真菌薬で治療することが出来る。

 

嫌気性感染

割礼を受けていない男性で特に亀頭の嫌気性微生物の存在が非特異的尿道炎 と亀頭包皮炎との関連が証明されている。この研究では21%のみが健常体として分離できたが、嫌気性細菌を有している76%が亀頭包皮炎を、67%が非特異的尿道炎をわずらっており、亀頭包皮炎と非特異的尿道炎を発症している95%が最も一般的なバクテリアの種類、嫌気性バクテリアを有していた。

 

マイコバクテリア感染

 結核スカンジナビアデータによると、肺結核の有病率の下落にもかかわらず泌尿生殖器結核は欧米で安定していることを示している。亀頭包皮炎は、欧州と米国では珍しいが、日本とと結核の有病率の高い国では一般的である。

 

原虫感染

 トリコモナスは他の感染症の存在と強い関連性があり、表面的なびらん性亀頭炎を引き起こす可能性があります。この感染症は、メトロニダゾールによる治療によく反応します。