亀頭包皮炎 ラミシールより効く軟膏

カンジダ性亀頭包皮炎にはラミシールが効くと言われています。なぜなら、原因となるカンジダ菌は水虫菌と同じ真菌の一種だから。

 

でも皮膚科や泌尿器科が最初に処方するのはバイ菌による炎症を抑えるための治療薬、リンデロンVG軟膏等。これでは真菌であるカンジダ菌を殺すことは出来ないので、症状は改善されません。むしろ悪化させてしまいます。

 

そこで真菌である水虫用の塗り薬、ラミシールが有効だというわけです。医師の処方箋なしでも購入できるので病院に通わずに自宅で治療することが出来ます。ただ、市販のラミシールは医師が処方するものより成分が弱いので、効果が現れるまでには時間がかかります。

 

また、厳密には水虫は白癬菌というものが原因で、真菌の一種ではありますがカンジダ菌ではありません。もっとカンジダに特化したものはないかとリサーチをしたところ、ロテュリミンAFという塗り薬を見つけました。発音が難しいですが、パッケージを見ただけでもカンジダに効きそうな感じです。

Lotrimin_AF

 

有効成分にクロトリマゾールというものが入っており、この成分が性器カンジダ症に有効とのこと。

 

またロテュミンAFは、真菌に特化しているためカンジダ菌にはラミシールより効果があります。

 

もちろん市販されているので、手ごろな価格で簡単に購入できます。