買っても意味のないアルギニンサプリが有ります > アルギニンサプリランキング > 海外製・国産アルギニンサプリのお勧めランキング

海外・国産アルギニンサプリを分析

賛否両論あると思いますが、ここでは私が理想としているイグナロ博士の理論に基づいてどのアルギニンサプリがお勧めかという観点で、成分を分析させていただきました。

選択は絶対国産アルギニンサプリ?

国産アルギニンサプリの方が安心できるとおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、大切なのは国産アルギニンサプリか海外アルギニンサプリかではなくあくまで成分や含有量などの内容です。

 

ドクターズチョイス
Lアルギニン5000プラス

私が愛飲しているのは、国産アルギニンサプリではなくアメリカのサプリです。正にイグナロ博士の推奨する成分を配合したサプリ。

 

成長ホルモンサプリ、疲労回復サプリ、アンチエイジングサプリ、血管若返りサプリ どの目的として飲んでも効果が期待できるアルギニンサプリと言えるでしょう。味はシトラス味です。

シナジー社
プロアルギナイン

私が最後までLアルギニン5000プラスにしようかこのプロアルギナインにしようか迷ったアルギニンサプリです。イグナロ博士の推奨する成分を意識して作っています。

 

ただし真似されない様にでしょうかアルギニンの配合部分に関してはベールに包まれています。配合量を明確に表示せずシナジーブレンドとしています。

 

おそらくアルギニンは3000mg以上は配合されていると思います。味はベリー味でなかなか美味しいです。

ドクターズチョイス
HGH PRO

これも私は飲んでみました。米国の成長ホルモン研究所のドクターが開発した成分配合。

 

アルギニンの含有量は1500mgと、やや少ないと思われますが

 

オルニチンも1500mg
リジンが500mg
グルタミンが2000mg
グリシンが2000mg
ギャバが500mg

 

と各種アミノ酸がふんだんに配合されています。

 

味の素から発売されている「グリナ」はグリシンが3000mgですがそのグリナに匹敵する2000mgのグリシンを配合してなおかつ他のアミノ酸も。

 

味の素の「グリナ」を飲んでいる方はドクターズチョイスのHGH PROの方が安くて内容成分も数段上なのでお勧めです。味はベリー味で甘めです。

 

ただし甘味料は天然のカロリーゼロのステビアを使っていますので糖尿病の人でも安心して飲めますね。

アルギスーパー1000

日本純国産アルギニンサプリ。開発者は私と同じ薬剤師の方。アルギニン1000mgで他の成分は一切配合していない国産アルギニンサプリ。

 

配合されるのは、アルギニンのみの成分だけで1000mgと多くありません。この含有量でこの価格は国産アルギニンサプリでも少し高い感じがします。

 

国産アルギニンサプリなのでしょうがないのでしょうか?しっかり中和してあるとの事なので2000mg、3000mgと2倍m、3倍の量を摂取しても安心して飲めるアルギニンです。

Dr.Senobiru
(ドクターセノビル)

アルギニン5000mg、シトルリン400mgの配合は良いですね。

 

ただ他の成分でオルニチンなども配合されていますが各成分の配合量が公開されていません。私が最も嫌う表示です。

 

国産アルギニンサプリには配合量の記載が不十分です。具体的な数字ではなく「XXXが配合!」とだけパッケージで書いてあるメーカーが多すぎます。

 

せっかくアルギニンとシトルリンをしっかり配合しているので、他の成分も自信を持って公開してほしいです。

 

まさか1mgのオルニチンではないでしょうから。

 

評価的にはアルギニンとシトルリンの2成分の評価とさせていただきました。

 

ただ価格が高い感じがします。1か月で19800円。定期購入でも9800円。国産アルギニンサプリは内容と価格の釣り合いが取れていないと思います。

クラチャイダム

マカの倍のアルギニンが有るとのこと。

 

アルギニンは1480mgただしこれは一箱(1か月分)の量です。つまり1日にすると49mgでアルギニンの効果はほぼ期待できないでしょう。

海外製・国産アルギニンサプリのお勧めランキング:関連ページ

アルギニンサプリのランキングを分析していて感じた事
今回アルギニンサプリのランキングとして分析をしていて感じた事があります。各メーカーには、それぞれの責任として改善してほしい点を単刀直入に列記します。 クラチャイダムなどアルギニンサプリの成分含有量にいい加減な表示が多すぎ […]
アルギニンサプリの正しい選び方のポイントは3つ
アルギニンサプリの選び方で重要な項目 1つ目は何はともあれ選び方として含有量が大切。 2つ目はシトルリンが一緒に配合されているかどうか。 3つ目はしっかり中和されているかどうか。 それでは順に選び方のポイントを説明して行 […]