血糖値測定器購入手引き
血糖値測定器購入手引き > 血糖値測定器比較 > 血糖値測定器 ACON(エイコン)体験談

私が購入した血糖値測定器 ACON(エイコン)の体験談

私がACON(エイコン)の血糖値測定器を選んだ最大の理由はセンサー(試験紙)が1枚39円と一番安かったためです。

私の場合、朝起きた時の早朝血糖値をまず測り、その後朝食直前、朝食開始後2時間、
昼食直前、昼食開始後2時間、夕食直前、夕食開始後1時間と2時間の合計8回測ります。

昔は病院から進められた高いセンサーの血糖値測定器を使っていたので1回130円ほどするため、1日で1000円以上の出費でした。

ACON(エイコン)の血糖値測定器に切り替えてから1日300円足らずで済むようになりました。
月間にすると2万円以上の差です。

この様に血糖値測定器を選ぶ際もっとも注意したいのは、センサー(試験紙)の価格です。

ACON(エイコン)の血糖値測定器が良いのはたまたまですが、メーカーが本体無料キャンペーンをしていたため、従来ですと1万円前後する本体が無料だったので気軽に機種変更する事ができました。

痛み的には、以前使っていたフリースタイルライトに比べると、針の大きさはフリースタイルライトが31Gであったの比べ30Gと一段階太いですが感じる痛みはほとんど一緒です。

ACON(エイコン)の血糖値測定器について

1. ACON(エイコン)の血糖値測定器が購入できる店は、「糖尿病お助け隊」
https://blerdology.co/kettouchi/

2. 申し込みはコンビニ後払いで購入
商品の血糖値測定器は申し込んでから10日ほどで届きました。
中身が判らないように茶箱で届きました。
糖尿病の者にとって中身が判らない様に届くのは助かりますね。
血糖値測定器が届いて2日ほどしてから後払いの請求書がネットプロテクションという会社から送付されてきました。

3. 箱を開けると結構しっかりした日本語の取扱説明書と血糖値測定器の本体、センサー(試験紙)、針、針を刺す道具、チラシなどが入っていました。
やや無造作に入っているのがアメリカの会社らしい。もう少し繊細さが欲しいところですね。。。。。
(茶箱も日本なら無地の白いきれいな箱)

4. 日時の設定など取扱説明書を見ながら四苦八苦しながらですが設定しました。
設定にかかった時間は約20~30分ほど。

5. さ~、いよいよ血糖値測定器で測定開始。結果は夕食前の空腹時で129。
目標は110を切る事。頑張ろう~~~~


血糖値測定器 ACON(エイコン)体験談関連ページ

血糖値測定器 痛さ比較
このコーナーでは各種血糖値測定器の採血時の痛さを比較してみました。 痛さの決め手は何と言っても針の太さだと思います。 27G~31Gまで5段階あります。数字が大きいほど針は細く、その分痛みは少ないです。30G以上であれば […]
血糖値測定器 試験紙(センサー)比較
このコーナーでは各種血糖値測定器のセンサー(試験紙)の価格を一覧表にしました。 センサー(試験紙)の価格は各血糖値測定器販売店や一回の購入枚数などにより異なります。 この表では最安値で購入した場合の価格を表示していますが […]
血糖値測定器 本体比較
このコーナーでは各種血糖値測定器の本体の価格とサイズ、重量を一覧表にしました。 血糖値測定器の本体は、インターネットでも購入は可能ですが、肝心のセンサー(試験紙)はインターネットでは購入はできないのでご注意ください。血糖 […]
血糖値測定器 総合比較
このコーナーでは各種血糖値測定器の本体価格とセンサー(試験紙)の価格や採血時の痛みの強さを一覧表にしました。 この3つの要素は、血糖値測定器を選ぶ際の重要なポイントです。 血糖値測定器によって結果が出るまでの測定時間も多 […]